昼間の眠気は婦人科系の病気とは無関係だった

クリーニング店で受付業務を行っているのですが、いつも決まって昼間に眠くなっていました。気を抜いたら夢の世界に行ってしまいそうなほど強い眠気なので、我慢するので精一杯の状況です。午前中には正確にできていた仕事も、午後には別人のようにミスを繰り返していました。

私の様子を心配した店長は、婦人科系の病気に罹っているかもしれないと言います。何となくですが、私にも思い当たる節がありました。生理中には一段と眠気が強くなるので、関係性があるかもしれないと思ったからです。

仕事が休みの日に、産婦人科を訪ねてみました。血液検査や触診をしてもらったりしましたが、診断結果は体に異常が見られないとのことです。それなら私の眠気はどこからやってくるのかと、困った様子で私は先生に訪ねました。問診票を見ながら、先生は運動不足の可能性を示しました。来院時に記入した問診票には、週にどれくらい有酸素運動をしているのかについて尋ねる項目があったからです。運動不足と眠気に関係性などないと感じる私に、先生はジョギングを勧めました。

私が考えて実践した眠気の改善方法は全て効果がなかったので、産婦人科で言われたとおり週に3日だけジョギングをすることにしました。夜に近所の公園で2kmだけ走るようになってから、徐々に昼間の眠気が治まってきました。走ることによって体力増進に繋がったので、疲れにくい体が出来上がったのだと思います。昼間の眠気は、ほとんど感じなくなりました。
セラミドファイン 効果 口コミ